近年、男性の生涯独身率が高くなる一方で、50代男性の婚活が活発になっていることが注目されています。

国勢調査では、男性の生涯未婚率(50歳になった時点で一度も結婚をしたことがない人の割合)は24.2%、女性は14.9%です。

50代男性の再婚や結婚は、若い頃の婚活と比べると大きな違いがあります。

その違いとしては、第二のモテ期として、若い男性にない心の余裕、女性の扱いが上手い、また経済的余裕が大きな違いなのです。

再婚するための結論からいえば、たった1つ再婚活アプリを利用するだけです。

そこで、このページでは、業界随一の低料金、高い成婚率を誇る再婚活アプリ「マリッシュ」を紹介してます。

また、50代で再婚するための心構えや準備、再婚するための具体的な方法4つをお伝えします。

  • 50代男性が再婚するための心構え
  • 再婚するための準備
  • 50代男性が再婚するための具体的な方法
  • 50代男性が「再婚出来る男」になるためにすべきこと4つ

では順に説明していきます。

あなたが再婚を希望しているのなら再婚活「マリッシュ」が低料金で業界1の成婚率を誇りおすすめです。

(18歳以上なら誰でも無料登録できます)

婚活・恋活・再婚活マッチング「マリッシュ(marrish)」 

1.50代男性が再婚するための心構え

離婚してから1年~3年もたつと離婚での心の傷も癒えてきて独身生活にも慣れてきます。

結婚相談所や再婚活アプリを利用して再婚を希望する50代男性も増えてきます。

現在では50代にもなると再婚は難しく、増してや初婚になるとほとんどの男性は大きな努力が必要になってきます。

そこで、どのようにして離婚暦のある50代男性が再婚すべきか、その心構えを5つのポイントからお伝えします。

1-1.離婚の原因をしっかりと認識する

とても嫌な経験になる離婚の原因を振り返るな!という知り合いもいるでしょうが、まずは離婚の原因を認識し、見つめることがとても大切になります。

増して、これから先の再婚相手にも説明できるようにしておかなければなりません。

前妻に対して離婚原因を悪く思うことは再婚する障害になります。

その理由は前妻や自身が離婚した原因を深く反省し、その欠点を改めれば、この先の再婚相手に求める条件が上がるからです。

自身の問題を反省し、落ち度などを直すことができれば、離婚後の心の傷が残っていても再婚に向けて進んでいけるはずです。

たとえば、前妻が浮気をして離婚して前妻に原因があったとしても、「なぜ浮気をしたのか」をしっかりと考えてみましょう。

どんなに愛している妻と結婚生活をしていても魔が差して浮気をし、離婚する50代男性もいることでしょう。

が、浮気の理由は、憂さ晴らしや結婚生活に不満がある、性的な魅力がなくセックスレスになったなどの一時的な出来事も多いのです。

前妻が浮気したからといって自分に原因があると思うのはとても辛いものですが、自分だけで思い考えても主観的になってしまうので、両親や親しい友人に意見を求めては如何でしょう。

勇気が必要な行動ですが、再婚して幸せになるためには必要なことです。

1-2.再婚を望む女性を具体化して条件を絞る

再婚を考えることで相手に対する希望が多くあるでしょう。

年収や容姿、年代、子供がいるのかなどの条件が出てきます。

そのような条件にこだわると、他の男性が見過ごすはずがありませんし、結婚しているかもしれません。

結婚相談所は多額の費用がかかりますので再婚活アプリで再婚相手を探してみると40代、50代の女性が多く登録しています。成婚率も約22%にも及んでいます。

ただし、女性の容姿や年収、学歴にこだわると再婚率は下がる一方です。そのため心の優しい、家庭を大事にする女性との再婚を考えるべきです。

1-3.女性への不信感を拭い去り恋愛を怖がらない

離婚歴のある50代男性は、過去の離婚経験のトラウマがある人も少なくはありません。

また失敗して離婚するのではないかと考えることもあるでしょう。

しかし、そのような不安や後ろ向きな気持ちでいると、交際している女性に必ず伝わりますので恋愛に前向きになりましょう。

そして交際している女性の良い部分を見つけることで前妻とは違う、この女性なら再婚しても幸せになるだろうと思えるはずです。

いつまでも離婚のトラウマを引きずらずに再婚に向けて努力しましょう。

1-4.自分磨きをする

再婚に向けて自分の心構えを前向きにして、洋服などのファッションをセンスのあるものにしていきましょう。

女性から見た男性の第一印象は「顔」です。そして一番嫌われることが「不潔」です。

身だしなみも大事ですが髪を整え無精髭もしっかり剃って女性受けする顔にしていきましょう。

このようにして清潔感がある50代男性はイケメンでなくとも女性に好まれます。

特に再婚の場合は、50代にもなる年齢ですから若々しさを引き出し、内面的にも大人の男性であることも重要です。

が、所帯じみた男性にみられると女性の関心度は大きく下がり再婚も遠のきます。

1-5.すぐに行動する

子供がいる、仕事が大変忙しいなどの理由で再婚に消極的な50代男性もいることでしょう。

しかし、再婚したいと決心したいのならば、その考え方を改めていきましょう。今の自分のままで良いのかしっかりと考えて、その考えがダメと思ったならばすぐに行動しましょう。

交際をしたいと思う女性がいるならば、まずは積極的に声をかけたり食事に誘うようにしましょう。

行動しなければ「あの女性は運命の出会いだったかもしれない」と思っても遅いのです。

次第に年齢が上がっていくと再婚するチャンスも減っていきます。

まずは、出会いの場に積極的に出向くような行動力が必要です。

2.再婚するための準備

再婚するための法律上の準備

法律上では「婚姻」の項に記されている「婚姻できる条件」を満たさなければ婚姻できません。

婚姻適齢、重婚の禁止などは、再婚のときも変わりありません。つまり再婚するためには、大きな違いがひとつあります。

結婚とは、以下の法令です。

たとえば、男性は18歳以上、女性は16歳以上でなければならないということです。それが、「再婚禁止期間」です。

それは、まずは「婚姻」の項に記されています。誰もが知っている婚姻の規定とは別に、もう一つ留意しなければならない事項があるのです。

民法第733条に定められた「再婚禁止期間初めて結婚するときと、再婚では、民法の第4編親族にある「第2章婚姻」とは、改めて説明するまでもないでしょう。

再婚禁止期間」と称される結婚。これについては、これまで他人だった個人同士が親族となる契約の一種なのです。

2-1.再婚禁止期間

「再婚禁止期間」民法第733条に定められた「再婚禁止期間」とは、以下の法令です。

第733条

女は、前婚の解消又は取消しの日から起算して百日を経過した後でなければ、再婚をすることができない。

前項の規定は、次に掲げる場合には、適用しない。
 
1女が前婚の解消又は取消しの時に懐胎していなかった場合
女が前婚の解消又は取消しの後に出産した場合

再婚禁止期間内にした婚姻の取消し

第746条 第733条の規定に違反した婚姻は、前婚の解消若しくは取消しの日から起算して百日を経過し、又は女が再婚後に出産したときは、その取消しを請求することができない。

2-2.戸籍の変更

再婚したら、あなたと再婚相手は同じ戸籍に入ります。

しかし、苗字が違っていては同じ戸籍に入れません。あなたか再婚相手の苗字が、戸籍の筆頭者になる方の苗字へ変わることになります。

基本は初婚時と同じですが、戸籍は以下のような処理がされます。

  • 婚姻届の提出と同時に、どちらかを筆頭者にした戸籍が新たに作られる。
  • 相手の戸籍へ移動した時点で、これまで入っていた戸籍からは除籍される。その戸籍に
    残っている人が一人でもいれば、戸籍そのものは残る。
  • 相手の戸籍へ入る方が単身の戸籍だった場合、戸籍そのものが全員除籍状態となり、元の戸籍へ戻れなくなる。

2-3.再婚するための手続き

再婚だけならば手続きはとても簡単です。

再婚相手と一緒に、当該する役所に婚姻届を提出すれば再婚の手続きは完了します。

入籍が完了したら、住民票や社会保険などの手続きも同時に申請しておきましょう。

2-4.養子縁組・特別養子縁組とは

子連れ再婚の場合は養子縁組です。養子縁組とは、血縁関係がない者同士を、法律上の親子関係とする契約のことです。

養子縁組には、「普通養子縁組(一般養子縁組)」と「特別養子縁組」の2つの制度があります。

普通養子縁組(一般養子縁組)制度と特別養子縁組制度です。

2-3.子どもをあなたか再婚相手の養子にせず同じ戸籍に入れる場合

子どもの実親の苗字が変わる場合であれば、子どもの戸籍をあなたと同じ戸籍に入れるかを検討しなければなりません。

同じ戸籍に入れたい場合は、同じ苗字でなければ同じ戸籍に入れないため、まずは子どもの苗字を変える必要があります。

再婚するときに家庭裁判所に子の氏変更許可の申し立てをしてください。申し立てる者は、子どもが14歳以下であれば親権者、子どもが15歳以上であれば子ども本人となっています。

この手続きにより子どもの苗字が同じになれば、当該の役所で「母(父)の氏を称する入籍届」を届け出てください。届けてが終われば、養子縁組をしなくても、子どもの苗字と戸籍を再婚した二人と同じにできます。

2-4.子どもをあなたか再婚相手の養子にせず元の戸籍に残す場合

再婚した場合に、子どもの実親の苗字が変わることを子どもが「苗字を変えたくない」と主張しケースです。このようなときには、子どもを戸籍に残したまま再婚することができます。

この場合、戸籍の筆頭者は除籍されますが、子どもの戸籍だけは残ります。苗字もそのまま使い続けられます。

3.50代男性が再婚するための具体的な方法

50代男性が再婚する方法を探している

再婚するには、あなたの理想の条件の女性とどのようにして出会うかがとても重要です。

あなたが再婚したいなら自分から積極的に再婚活サービスを探さねばなりません。

具体的には、以下の3つのポイントを元に行動していけば、コスパが良く効率的に再婚活動ができます。

3-1.再婚相手の見つけ方と再婚活サービス

  • 友達や身内に紹介をお願いしておく
  • 無料~数千円で始められる再婚活サイト&マッチングアプリを利用
  • 婚活パーティーに参加、結婚相談所に入会
  • 友人や知人に紹介をお願いしておく

たとえば、あなたの会社の信頼できる同僚や友達に女性を紹介してもらうこともひとつの方法です。

しかし、50代にもなれば紹介してくれる女性も少なくなります。

そこで、コスパの良い再婚活アプリが離婚歴のある50代男性が、再婚できる大きなチャンスとなります。

3-2.無料で登録できる再婚活アプリやマッチングアプリを活用する

再婚活アプリは男女ともに無料で登録ができますが、男性の場合は使用するにあたって月額料金が発生します。

もちろん、料金を支払わず女性の顔写真や自己紹介文章などのプロフィールを見ることはできます。

現在は、運営会社が24時間パトロールしているのでとても安全で、安心して利用できます。

中には50代男性が離婚していても再婚できる再婚活アプリがあります。

再婚活アプリでは「離婚歴あり」と表示され、再婚希望の女性が多く登録しています。

たとえば、再婚活アプリ「マリッシュ」では30代後半~50代後半の女性ユーザーがメインとなり登録しています。

再婚に真剣な気持ちさえあれば、マリッシュでは再婚率が約22%、マッチングは約20人に「いいね」を送ると1人とマッチングします。

離婚歴のある50代男性は無料で毎日9人に「いいね」を送れますので効率がとても良いです。

その後は、初回の挨拶と趣味などが合うならば、メッセージにその旨を書いて交流を重ねていきましょう。

実際に再婚した人の口コミでは、意外と「再婚活アプリで知り合った女性と再婚した」というの男性が多いのです。

料金も月額3400円と低料金で気軽に利用でき、希望する条件に合う女性と出会えます。

また、女性ユーザーも離婚歴約69%と多く、再婚を希望しています。

マリッシュは婚活アプリではなく、再婚活アプリですので50代男性でも再婚がしやすいアプリです。

3-3.マリッシュの基本情報

再婚活アプリマリッシュ

基本情報 marrish(マリッシュ)
運営会社 株式会社マリッシュ
月額料金 男性:3,400円/月
※1ヶ月プランの場合
女性:無料
累計会員数 100万人以上
年齢層 男性:40代~
女性:30代~
目的 再婚

あなたが再婚を希望しているのなら再婚活「マリッシュ」が低料金で業界1の成婚率を誇りおすすめです。

(18歳以上なら誰でも無料登録できます)

婚活・恋活・再婚活マッチング「マリッシュ(marrish)」 

50代男性が「結婚出来る男」になるためにすべきこと4つ

50代男性が再婚するために自分磨きをする方法を考える

50代男性が再婚するために自分磨きをする方法を考えよう。

1.モテる努力をしよう

50代男性が結婚出来る男になることはとても努力が必要です。

また、コミュニケーション能力を磨くことも大切です。

もしあなたが年下の女性に好かれたいならば、スタイルアップをしたり、相手の話をよく聞いてから受け答えするといった、会話のキャッチボールのスキルも身に付けるようになることが基本です。

また、大切なことは、清潔感のある身なりを整えることです。

50代の男性がモテる努力をするなんて…!とプライドが引っかかっているようでは、残念ながら一生独身でいるしかないでしょう。

まず最低限、あなたの良い面をとアピール出来るようにしましょう。

2.女性に優しくしよう

女性に横柄な態度や威圧的な言葉を発することは論外です。

この時代、女性の社会的な地位も高まり「強い女性」が増えています。

しかし、女性の内面、心は「いつでも男性に優しくされたい!」と思っているのです。

50歳にもなれば、女性との交際経験も豊富でしょうが「女性を守る」という意識は欠けているのではないでしょうか?

守るということは、女性は男が守ってあげるべき存在なのです。

女性には優しい気持ちで接してください。

女性に優しく接する気持ちを大切にする

3.女性の有りのままの姿と想いを受け入れよう

もし、あなたに離婚経験があり、その後長い間に交際した彼女がいないならば、頭の中で想像するバーチャルな女性像があなたの理想的な女性になるはずだろう。

あなたに対して従順で素直な心で接してくれるバーチャルな女性は現実には存在しないのです。

50歳を過ぎたあなたに結婚を希望する女性の姿を思い浮かべてください。

どんな女性もわがままも言うし、怒ること、悩むことなどは普通にあり得ることなのです。

その女性の結婚への理想度は高いのが当然です。

そんな女性を受け入れ、これから先の人生を楽しめなければ結婚は到底できません。

そして、女性はあなたとの結婚に対して、どんな希望を抱いているのか?是非知る努力をしてください。

あなたと女性の希望が合致しない限り幸せな結婚生活は遠のくばかりです。

4.女性を幸せにするビジョンを思い描く

子供が欲しいから再婚したいと希望する男性も多いでしょうが、それ以前に女性を幸せにする方法を考えなくてはなりません。

母親が幸せな環境にいるからこそ、子供も幸せな家庭環境で育つのです。

そして子供は、その経験から幸せな環境を大人になったときに希望するのです。

それを叶えてあげられるのはあなたしかいません。

子供を可愛いと思うならば、まず妻を幸せにするべきビジョンを作るべきです。

50歳を過ぎて再婚するならば、是非「妻を愛して家事も一緒に!」という現実的なビジョンを描いてみては如何でしょうか?

このビジョンを、是非、交際している女性にアピールしてください。

まとめ

ここまでお読みになって、50代男性として再婚のモチベーションは上がりましたか?

50代男性の再婚は、若い世代とに比べたら楽ではありませんが、戦略を立てて再婚活を進めれば再婚できる可能性は必ず高まります。

なお、このページで紹介した50代男性が再婚する方法は以下の4つでした。

  • 50代男性が再婚するための心構え
  • 再婚するための準備
  • 50代男性が再婚するための具体的な方法
  • 50代男性が「再婚出来る男」になるためにすべきこと4つ

このページが何かしら役に立ち、あなたの再婚が成功することを心からお祈りします!

あなたが再婚を希望しているのなら再婚活「マリッシュ」が低料金で業界1の成婚率を誇りおすすめです。

(18歳以上なら誰でも無料登録できます)

婚活・恋活・再婚活マッチング「マリッシュ(marrish)」 


ライターの紹介
株式会社千代田ラボのWEBライター「片瀬麻由」が執筆しています。

成城学園、慶應義塾大学を卒業後、コンテンツマーケティング会社に所属し、雑誌や広告のコピーライティングを3年経験。
全国で販売されるガイドブック、情報誌、旅行雑誌などで、主に料理レシピや観光スポットの記事を多く書き、執筆、校正まで手掛けておりました。
ワードプレスを利用した個人ブログを運営、大手WEBメディアにも寄稿も行っております。
誰が読んでもさらっと理解しやすいよう、可能な限り専門用語を使わず、わかりやすい語句を使うよう心がけています。