近年のインターネット、SNSの普及は目まぐるしいものがあります。 特にスマートフォンを一人一台持つようになってからは、ネット恋愛という言葉がたくさん出てきたように見えます。

しかし、ネット恋愛とはどんなものなのでしょうか。

ネットで、今の恋人と知り合ったという人は珍しくないはず。そこで、ネットで知り合い、結婚までに至る10のコツをお伝えします。

また、余談になりますがネット恋愛でのコミニュケーションをとるには最適なマッチングアプリがあります。

出会い系マッチングアプリの老舗のハッピーメールです。興味がありましたらご覧ください。


ネット恋愛でのコミニュケーションツールハッピーメール

無料会員登録はハッピーメール会員募集(18禁)

ネット恋愛とは

ネット恋愛とはそのとおりネット上で出会い、恋愛関係に発展することです。片思いをすることもありますが、普通はLINEなどで気持ちを伝え合え意思交流する場です。 マッチングアプリのように、出会いから交際に至るケースもあります。

そして交際を続けて恋人になることも多いのですし、ネット恋愛は交流の場ではなく、あくまでも恋愛をネット上で行うという意味です。

ネット恋愛のメリット

ネット恋愛のメリットを紹介します。

ネット上で出会って恋をしたい人は、同じ職場だと顔を合わせる機会が多いものの、ネット恋愛は目の前に男性がいないのなら、連絡をフェードアウトしても、ネット恋愛が向いている人は違う」と思ったら、関係を築きやすいメリットがあります。

リアルな恋愛では、ネット恋愛は自分のタイミングで行動しやすいことがメリットです。

ネット恋愛は自分の趣味に関する情報をアップしてもそれほど罪悪感はなく、「この人は男女問わず多いもの。趣味に没頭しつつも恋愛をしたものの、付き合うまで到達しなかった場合でも、リアルな恋愛より傷つきにくいことはメリットです。

まだリアルでは同じ趣味の人に出会いにくくてもそれほど罪悪感はなく、「この人は違う」と思ったら、関係を切りやすいでしょう。

男性との会話が苦手な人でも、文字にすれば意外と聞きやすいでしょう。そのため自分に合う男性が見つかるまで、実際にデートせずしっかり見極めることもできるのです。

まだリアルで会っていないぶん、質問やアプローチを積極的にできます。交流を深めていけば、恋愛に発展する可能性もあるでしょう。

ネット恋愛のデメリット

次は、ネット恋愛のデメリットを紹介します。

マッチングアプリでは、顔写真の交換やプロフィールで顔を判断できます。

マッチングアプリでは登録時に身分証明書を提出するものもありますが、収入や職業を証明しなくてもよいので、女性が目を引きやすいプロフィールにできるのです。

最悪の場合、既婚者が独身と偽れるため、事実を知らないまま付き合う、体の関係をもっていても、出会ったきっかけを話すとき、どう伝えるか悩む人もいます。

やりとりをしていない?」「怪しくない?」と心配の種になりかねません。付き合っても、送られてきた顔写真を見ると想像と異なりがっかりするケースもあるでしょう。

ネット恋愛を成就する9のコツ

ネット恋愛でコミニュケーションをとる女性

それは、「ネット恋愛とは遠距離恋愛のようなもの」となります。

もしかすると、相手のユーザーは隠し事をしているかもしれません。どのような心境なのすらも分かりません。

そのことを踏まえると、ネット恋愛では遠距離恋愛のようなものになるのです。

何も知らずにネット恋愛を行うよりも、遠距離、と覚悟をしながら楽しむと気持ちも安定しやすいと思います。

1-1.いつもの自分で連絡する

ココだけは外してはいけないポイントです。それは、「自分を演じるのは止めておくこと」です。

ネット恋愛では、相手のことが見えないので、自分を演じてしまう部分があります。

しかし、無理に演じてしまうと、後々、後悔する場面が出てきたりトラブルの元となります。

そのため、自分自身を演じることなく素の自分をアピールすることが大事になってきます。

ネット上での恋愛は素の自分が見えないので注意する必要があります。

1-2.適度に連絡を取り合う

ネット恋愛では、適度に連絡を取り合うことが必須です。

なぜなら、実際には会うことのない遠距離恋愛のような、特別な恋愛なので気持ちを繋ぎとめておくことが必要なのです。

では、どれぐらいの頻度で連絡するのがいいのでしょうか?

それは1日1回は連絡を取り合いましょう。その方が、安全性が高まります。

コツとしては、日常生活や自分の時間を全てとられないぐらいがいいでしょう。

ラフな感じで連絡をすると上手くいきやすいのです。

何回も何回も連絡を取り合うと、最初は楽しく感じるでしょう。 しかし、マンネリ化が進むと、次第にメールや電話が億劫に感じてしまうものです。

自分の時間を確保した上で連絡を取り合うのがストレスを感じさせないコツなのです。

1-3.親しくなってから顔写真を交換する

「顔写真を公開しておく」

インターネットはなるべく素の自分を公開しておくことが大事です。

それは、顔写真においても同じことが言えます。

男性の中には女性の顔写真を見たあと、すぐに音信不通にしてしまう人がいます。

世の中には最低な男性も存在しています。

もちろんインターネットの世界でも例外ではありません。

加えて相手のことを理解していないと男性の性格がわからないため、もしかしたら詐欺などに女性の顔写真を悪用してしまう可能性もあります。

他にも男性のタイプに合っているか、合っていないかも重要になります。

相手は「大人しい女性」が好きだが、彼女の容姿が「明るい女性」だと親しくないうちは音信不通になってしまうかもしれません。

しかし、お互いの仲がよくなった後に顔写真を見せても、タイプでなくとも音信不通にはならないと思います。

相手から、「顔写真をみせてください」と急かれても自撮りをして見せないで、焦らすように伸ばしたらよいと思います。

1-4.趣味をたくさん作る

ネット恋愛において、大前提となるのは「共通の趣味」を披露することです。

共通の趣味をたくさん作っておくことで、出会いの数が多くなったり、ネットでの会話も増えていくことでしょう。

例えば、「アニメが好き」「料理が好き」「仕事が好き」 といろいろな趣味を書いておくことで、この人は家庭的なのだろうか。マジメな人だろうか。などの印象がアップします。

ネット恋愛は、不完全なもののために少しでも接点を増やす努力は必要です。自分は「どんな人か」をアピールしなければなりません。

1-5.ギャル語や軽い口調などはやめる

ネットで知り合った人と恋愛を発展させていきたいのであれば、軽い言葉を多用しないことをオススメします。

それは、相手の素性も分からない状態で、馴れ馴れしい言葉を使うと、アナタは気分がいいですか? 気分がいいわけありません。

素性が分からないのであれば、言葉使いに気を付けるところから始めなくてはいけません。

言葉遣いといっても敬語だけでもよくありませんし、馴れ馴れしすぎてもよくはありません。

要するに、ネット恋愛で知り合った相手と付き合いたいのであれば、ギャル語などの馴れ馴れしくて軽い言葉ではなすのはオススメできません。

男性から初めてメールが送られてきて返事を返すLINEの画面

男性は遊び相手には軽い女性を選びますが、まじめな恋愛や結婚相手には家庭的で価値観が似ている女性を選ぶ傾向が強いのです。

相手と連絡を取り合うときにギャル語を使ってしまうと、相手は女性が軽い性格だと勘違いをしてしまいます。

本当の性格は家庭的でも言葉だけでしか連絡手段が取れないため、勘違いの可能性が高くなってしまうのです。

結婚を真剣に考えているなら、できるだけ大人らしい敬語を使わなければなりません。

相手と何回も連絡を取り合って、お互いに仲良くなったと確信できるようになったら敬語を控えて普段に使う会話にもちこむべきでしょう。

1-6.SNSで不快になる発言はやめておく

あなたは、不快な言葉を言われると傷つきますか? おそらく、不快な言葉をかけられて満足する人はいないでしょう。

ネットの世界でも同じことが言えます。

ツイッターやLINEで会話をしているのであれば、他人が不快になる言葉は避けた方が良いのは当然のことです。

これは、「悪口」とみられてしまったり、「ネガティブ」とみられてしまうことになります。

それを相手も感じてしまうと嫌な気持ちになったり、不安も感じるはずです。また。不快と思われるような画像の添付もおこなわないようにしましょう。

1-7.LINEやSkypeでビデオ通話をする

SNSだけのやりとりでは不安と感じることがあります。

相手がどんな人なのか?

相手は何を考えているのか?など、不安でなかなかやり取りが難しくなったら、LINEで電話してみたり、Skypeを使ってのやりとりを行うことで相手のことをさらに理解することができます。

もし、SNSでの仲が良くなったなら、ビデオ通話で実際に会話をしてみるといいと思います。

ビデオ越しに相手と会話すると、リアリティーが増し、自分が冷静になれます。

メールやLINEで会話をするのと、ビデオ通話で会話をするのとでは味わう感覚は全く違うものです。

相手が動いたり会話をしている姿を見ると、気持ちが冷静になれます。

仮に結婚を前提にした付き合いをしているなら、ビデオ通話などで彼氏と会話をしてみましょう。

1-8.相手について気になるのなら直接、聞いてみる

男性と付き合っていると、彼の過去や現在なにをしているのかが気になるときがあります。

「彼氏は過去にどんな女性と付き合っていたのだろう?」

「今、浮気をしていないだろうか」

「もっと彼氏のことを知りたい」

など、さまざまな疑問が沸くものです。

ここで相手の名前で検索をする女性がいます。

確かにインターネットは便利なものですが、だからといって全てのことが書かれているわけではありません。

相手の情報など、個人情報流出でもされていない限り、全くわかりません。

仮に書かれてあったとしても、その情報が嘘か本当かは相手しか知らないことなのです。

間違った情報を見つけてしまい、相手を疑ってしまうのが一番最悪な事態になります。

彼について知りたいことがあったり、疑問がわいたりしたら、相手に直接聞いてみるのが一番いい方法です。

1-9.完全に信用してから実際に会う

ネットで知り合って、恋愛の過程を経て、その後は結婚に至るケースがあります。言葉にするのは簡単ですが、現実にはいろいろな不安が付きまとうものです。

もし、結婚するのであれば、実際に会わなくてはいけません。

女性にとってネットで知り合い実際に会うことは危険も付きまとうことです。

相手のことを理解しないまま会うと、命の危険が伴うケースさえもあります。

ネットを利用して、実際に会うのは、相手を本当に信用してから実際に会うことをオススメします。

焦らずにインターネットで仲良くなってから会うようにしましょう。

ネット恋愛の良い口コミと悪い口コミ

ネット恋愛をする際の注意点

出会い系サイトでマッチングした男性のラインのIDを教えてもらって、早速LINEでメールで話すことができた

もちろん、ネット恋愛を発展させるには「ある程度」の条件を満たしている方がいいです。

それは、インターネット上のプロフィール詳細が分からない者どうしではいけないということですよね。

今回は、Facebookアプリでのネット恋愛(マッチングサービス)に加えて、ツイッター、LINEでのネット恋愛するための5つの方法を説明しましょう。

主に参考にするのは以下の通りです。

  • 年齢と彼氏いない歴が同じ
  • 社内の女性に彼氏ができて焦っている
  • 男性を前にすると言葉がでなくなる
  • 彼氏が欲しいけど作り方がわからない
  • 男性とイチャイチャすることに憧れている

まだ、「ネット恋愛」という言葉に聞きなれない人は、とっつきにくい分野ですが、頑張ってみればアナタもきっとできます。

プロフィール欄を埋めておく

プロフィール欄を埋めておく

ネット恋愛を夢見る人に質問です。 「アナタのSNSのプロフィールには、どれくらい情報を埋めていますか?」

ツイッターやフェイスブックにおいて、自分のプロフィールとは自分の分身のようなものです。

知らない人でもアナタのページを見て、「こんな人なのか。」 と、思ってもらえることがあります。

もし、ネット恋愛を成就させたいのであれば、メッセージを送ったりする前にプロフィール欄を充実させておく必要があります。

では、どんなことを書けばいいのでしょうか?

簡単です。性別はもちろん、年齢、住所、好きなもの、嫌いなものを書くことが無難です。

また、ブログをやっていたり、Youtubeに動画を投稿していたりすると、そのリンク先を張っておくと、初対面の人でもより一層、アナタのことを知ってもらえるきっかけになります。

しかし、ココで注意があります。

それは、「嘘は書かないこと」です。バレないと思い、嘘を書くと後で取り返しのつかないことにつながる恐れもあります。

また、トラブルを防ぐためにも嘘は書かず正直に書くことをオススメします。

彼氏募集とプロフィール欄に書く

SNSのプロフィールは知らず知らずのうちに知らない人に見られているものです。

何を書くにも自由ですが、「アイコン画像」と「プロフィール文」は、その人の第一印象を決めることになります。

例え見知らぬ男性があなたのTwitterやFacebookにいきついたとしても、 彼氏がいるのかいないのか全くわからないことです。

そのため、プロフィール文に「彼氏募集中」「彼女募集中」という一文を載せておくことをオススメします。

男性も彼女がほしいと思っているのに、あなたのプロフィール欄には「彼氏います」と書かれていたらスルーされてしまうだろう。

しかし、全く知らない人が一言「彼氏募集中」という文字だけ見れば、コメントをくれる人も少なからずいるはずです。

しかし、この知らない人からのメッセージが「コワイ」「イヤだ」と感じる人もいるかもしれないが、コレがネット時代による恋愛です。

相手のことをよく見極めて会ってみるといいかもしれない。

男性が「彼氏募集中」というプロフィール欄を見たら、安心してあなたにコメントを送れるはずです。

女性らしいことを伝える

インターネットの世界では相手の素性は分かりません。

特にSNSでは、性別すらわからない場合もあります。

そこで、「私は女だけど料理が苦手です。」 「オレは男ですが、力仕事が苦手です。」 と、言ってしまうと、頼りない人、ガサツな人と言うイメージに繋がります。

では、どうすればいいのでしょうか。

それは、相手にいい印象を持ってもらえるようなことを書き込むのです。 男性は家庭的な女性を好きになりやすいため、女子力があるようなことを伝えよう。

まとめ

  • 最初に覚悟を決めておく
  • いつもの自分で連絡する
  • 適度に連絡を取り合う
  • 親しくなってから顔写真を交換する
  • ギャル語や軽い口調などはやめる
  • LINEやSkypeでビデオ通話をする
  • 彼について気になるのなら聞いてみる
  • 完全に信用してから実際に会う

ネット恋愛で結婚をしたいのなら、最初に覚悟を決めておき、いつもの自分で連絡を取り合いましょう。

適度に連絡を取り合って、親しくなってから顔写真を交換してください。 また、ギャル語や軽い口調なども控えるのうにしましょう。

SNSで不快になる発言はやめておくのもいい当然のことです。LINEでビデオ通話をして、相手について更に理解をふかめてから会うようにしましょう。


ライターの紹介
株式会社千代田ラボのWEBライター「片瀬麻由」が執筆しています。

成城学園、慶應義塾大学を卒業後、コンテンツマーケティング会社に所属し、雑誌や広告のコピーライティングを3年経験。
全国で販売されるガイドブック、情報誌、旅行雑誌などで、主に料理レシピや観光スポットの記事を多く書き、執筆、校正まで手掛けておりました。
ワードプレスを利用した個人ブログを運営、大手WEBメディアにも寄稿も行っております。
誰が読んでもさらっと理解しやすいよう、可能な限り専門用語を使わず、わかりやすい語句を使うよう心がけています。