あなたは、再婚活に最適なサービスを探しているのでしょうか?

様々な婚活サービスがありますが、離婚歴がある私が再婚するために多くの婚活サービスを利用しました。

その経験から再婚に最も適した再婚活サービスは株式会社マリッシュが運営している「マリッシュ」でした。

そのマリッシュの再婚率は業界1で、会員全体の35%にも及んでいます。

マリッシュがバツイチ・シンママ・シンパパでも再婚活に向いている理由をより詳細にお伝えします。

マリッシュは下記の6つの要素があるために再婚活にとても有利です。

  • マリッシュはバツイチ・シンママ・シンパパの再婚を目的に作られた再婚活アプリ
  • マリッシュには再婚活に真剣な男女がとても多い
  • 再婚活マリッシュで婚活に必要な3つの準備
  • バツイチ・シンママ・シンパパが結婚相手に出会う方法や再婚活方法
  • 再婚活をするなら再婚活サイトで
  • 交際に進める初デートの仕方とは

それでは順に説明していきます。

マリッシュはバツイチ・シンママ・シンパパの再婚を目的に作られた再婚活アプリ

再婚活アプリマリッシュ

マリッシュはバツイチ・シンママ・シンパパなど再婚活専門のマッチングアプリです。 婚活に対しての真剣度が高い会員がほとんどなので、真剣に再婚活ができます。

平均3ヶ月半で交際相手が見つかり、成婚率が35%にも及ぶ高い実績があり、離婚歴がある男女や独身男性、女性の再婚活を後押しする機能がとても豊富で充実しています。

マリッシュの離婚歴のある男性、女性の比率と人数

男性 女性
離婚歴あり 49% 離婚歴あり 63%
離婚歴なし 51% 離婚歴なし 37%

会員の「バツあり率」です。通常の婚活マッチングアプリでは10%前後ですが、マリッシュでは会員の半分以上が離婚経験者となっています。

男性 約26,950人(49%)
女性 約28,350人(63%)

特に女性は、離婚経験のない人のほうが少数派ですから、バツイチの女性でも気兼ねなく再婚活できます。
※2021年の調査より

マリッシュのアクティブユーザは男女共に40代が中心

 

マリッシュでの男性のアクティブユーザーの年齢層

 

マリッシュでの女性のアクティブユーザーの年齢層

男性のアクティブユーザーは40代で29,5%と、女性の場合は同じ40代で44,6%になっています。

特に女性は44,6%と他の年代と比較して人数が多いことが特徴です。

これからから言えることは、再婚活を望んでいるのは、40代女性が中心でバツイチ・シンママ・シンパパと男性はマッチングできる確立が高いのも特徴のひとつです。

続けて、男性は30代が16,4%、50代が29,4%、30代が16,4%となっています。

女性は40代が44,6%、30代が29,5%,50代が25,4%となっています。

マリッシュには再婚活に真剣な男女がとても多い

再婚活を後押しする機能が豊富なマリッシュには、再婚活に真剣な男女がとても多いと評判になっています。

また、国勢調査では再婚を希望する人の15%がマリッシュに登録しています。

以下はマリッシュの年齢層と会員数に比較表です。

男性会員の年齢層

10代 5%未満
20代 2.6%
30代 16.4%
40代 29,5%
50代 29,4%
60代 5,0%
70代 25.1%
80代 0.5%未満

※Marrish(マリッシュ)広報2,020年

女性の年齢層

10代 5%未満
20代 3,2%
30代 29,5%
40代 44,6%
50代 25,4%
60代 3,5%

再婚活を後押しする機能が豊富なマリッシュには、再婚活に真剣な男女がとても多いと評判になっています。

以下はマリッシュの年齢層と会員数に比較表です。

男性会員の年齢層

10代 5%未満
20代 25.1%
30代 22.6%
40代 28.9%
50代 12.9%
60代 2.6%
70代 0.4%
80代 0.1%

※Marrish(マリッシュ)広報2,020年

女性の年齢層

10代 5%未満
20代 16%
30代 34%
40代 36%
50代 12%
60代 5%未満

※Marrish(マリッシュ)2019年8月現在

マリッシュは差別化をはかるために再婚という目的で運営している

ほかの婚活アプリに登録している会員の年齢層は20代半ば~後半の男性と女性が多いのです。しかしマリッシュの場合は、差別化をはかるためにバツイチ・シンママ・シンパパの再婚という目的のためにメインの年齢層が30代~50代をターゲットにしています。

しかも、バツイチ・シンママ・シンパパの会員が真剣に再婚という目的を叶えるために再婚活をしています。

真剣度の割合は男性の場合、約8割、女性の場合は約9割と圧倒的な比率になっています。

以下に男女共に年代別に真剣度の割合を掲載します。

30代 約7割
40代 約8割
50代 約9割

このように30、40、50と離婚暦がある男性と女性が多くマリッシュに登録していますので、その真剣度は高いのが当然です。

まして入会金が女性は無料、男性は月額3400と結婚相談所と比較してもかなり安いので気軽に入会して再婚を望んで真剣に再婚活をしているのです。

安全管理が徹底していて安心して婚活できる

マリッシュは、以下の2つ徹底的に管理をしているので安全性が保たれ、安心して利用できるようになっています。

  • 公的身分証を使った年齢確認の徹底
  • 24時間365日のアプリ内をパトロール(※悪質行為の監視)

そのため、会員の課金を目的として魅力的な異性を演じているサクラや普通の会員のフリをしてアプリに潜り込み、利益のために勧誘をしてくる業者が可能な限り少なくすることができています。

そのためマリッシュでは、安心して再婚活をすることができます。

マリッシュで再婚活ができた事例

再婚活が一番快適に出来るのって、私はマリッシュだと感じています。他の普通のマッチングアプリでは離婚歴を知られたらブロックされたり、次に婚活アプリを使ってみたらまた離婚歴を知られた途端に「冷やかしですか?」と冷たい言葉を浴びる始末・・・再婚だって真剣な婚活なのに、それを分かち合ってもらえるアプリって、実際は少ないのかなぁ・・・なんて方を落としていたときにマリッシュの存在を知ったので、渡りに船だと思いました。ここではトークで盛り上がっていて、離婚歴を聞かれて、素直に答えても、あたたかく受け入れてくれる方が多数です。マリッシュを使い出してから傷つく思いはしていないです。
出典:App StoreやGoogle Play ストア

1ヶ月やってみた感想 (長所) バツイチなど再婚の女性にとっては天国のアプリかな~。 30代でも全然モテるし、理解ある男性が多いのもポイント高い。 1000以上いいね!頂きましたが、男性会員はみんな真面目に婚活している感じで、ヤリモクは1人もいなかった。 通常はプロフや諸条件だけだが、マリッシュは、気に入った男性の参加グループを見ると、どんな人が非常にわかりやすいので、この機能は非常に参考になった (短所) リクエストがあまりに多く、この機能はウザいからやめてほしい。 リクエストしてくる人は大概プロフ写真をのせていない60代爺さんばかり →通知がきた瞬間、即ブロック  かなりストレスになる。 足跡つけてきて、ブロック退会する人はなんだろう。 婚活を軽く考えているようなので、むやみやたらブロックは出来ないようにしたほうがいいと思う。 無料会員の男性はメール1通500円なので、マッチングしても音信不通の人多数あり。 マッチングしたのだから、費用はどうかと思う。 女性でも気に入った男性から頂いたメールには気を使ってしまう。 いろいろあったが、総合的に?5つ
出典:App StoreやGoogle Play ストア

いろいろ使ったけどマリッシュが1番出会える気がした ただ女性の9割以上がばつあり子供ありなので、それが無理な人はやめておいたほうがいい 女性の質は他のマッチングアプリと同様かなり悪い ばつあり子持ち30歳以上の普通なら需要のほぼない女性でもここでは選ぶ側としてふるまっており、まともな会話ができるのは10人に1人くらいです 会いたいと思える女性は100人に1人くらいです 男性諸君はくじけず頑張りましょう
出典:App StoreやGoogle Play ストア

再婚活マリッシュで婚活に必要な3つの準備

バツイチ・シンママ・シンパパの再婚活に必要な大切な準備は3つあります。準備とは、再婚活のイジメージではありません。婚活中に重要な準備です。それが以下の3つになります。

3つの準備

  • 結婚したい時期を明確にする
  • 自分に合った婚活方法を知る
  • 再婚率35%を譲れないものとする

以下に紹介していきます。

1.結婚したい時期を明確にする

いつまでに結婚したいかを明確に決め手おきましょう。以下に5つの結婚の時期を掲載しています。あなたがどれにあてはまるのか?考えてみましょう。

5つの時期

  1. 1年以内に結婚したい
  2. 2~3年以内に結婚したい
  3. 35歳までに結婚したい
  4. 40歳までに結婚したい
  5. 50歳までに結婚したい

時期を明確にする理由

結婚する時期を明確にする理由は1つです。その理由は結婚するまでの過程を計画するためです。

そして計画にあった婚活方法が見つかるはずです。

再婚がスムースに行く人はそのライフプランにしたがって婚活を進めています。

他人に婚活方法を聞いたりネットの広告でバツイチ・シンママ・シンパパがなんとなく入会して再婚活活動をしても再婚には至りません。

再婚できる人は自分に合った再婚活方法を見つけ出しているのです。

2.バツイチ・シンママ・シンパパは自分に合う婚活方法を知る

バツイチ・シンママ・シンパパの婚活方法は結婚相談所、婚活パーティ、再婚活アプリの3つ程度しかありません。

しかし、広告やネットの口コミなどで迷わされ、どの再婚活方法を決めてよいのかわかりません。

これが再婚活市場の問題のひとつになっています。

婚活方法の違いを理解すべき

あなたが自分に合う再婚活の方法をみつけいならば、再婚活アプリを利用することをおすすめします。

さらに他の婚活サービスの特徴と婚活方法の違いも理解するべきです。

3.バツイチ・シンママ・シンパパは譲れないものを描く

マリッシュの再婚率35%という数字を譲歩しないようにしましょう。

65%とは初対面の相性なので、あとのマリッシュの再婚率35%はあなたが望む再婚相手に対して絶対に譲れないハードルとしてと考えていけば良いのです。

譲れないものを描く理由

譲れないものを描くことは、希望の相手に出会えたときに「この人と結婚していいのか」の判断基準になるからです。ですから理想ではなく現実感をもって譲れないものとしてを明確にするべきです。

バツイチ・シンママ・シンパパがマリッシュで再婚活を始める前にまず考えるべきこと

再婚活をするめに考えることは2つあります。

それも再婚活に向けて進むには外せないことです。

以下に2つのポイントを順に説明します。

恋愛がしたいのか結婚をしたいのか

再婚を目指している方は、恋愛と再婚の違いをわかっているのでしょうか?

マリッシュの会員の中には独身時代の結婚を求めずに二人で日々楽しむ感覚になっているはずです。

しかし、バツイチ・シンママ・シンパパの再婚では、この先の将来を二人で生活していくのですから生活の安定を一番に考えなければありません。

恋愛と再婚は目指すものが違うという考えを明確にしなければなりません。

そして再婚に真剣に上記で解説したライフプランに沿って進めていきましょう。

結婚相手の条件

バツイチ・シンママ・シンパパの再婚相手にあなたは、どのような条件を設けていますか?

容姿、年収、学歴、趣味など再婚にあたって望む条件は人様々です。

とても大事なことは、理想を高く求め過ぎないことです。条件が高すぎると出会いがなく、もちろん交際には進めません。

自分の中で譲れること、譲れないことの妥協点を決めておくことです。

また、一番譲れないことは性格の不一致です。

さらに子供の教育などの問題も生じてきます。

他の条件が、たとえ譲れても性格が合わないと、過去の離婚の二の舞になります。

性格だけは、何度もメッセージのやり取りや電話でお話をして見極めましょう。

そして出会いから交際に進んだら将来のライフプランを作成するべきです。

将来のライフプランは、妻の場合だと専業主婦、または夫、妻の両親との同居、そして子供が生まれた場合などライフプランは違ってきます。

このライフプランの作成を間違うと結婚生活は長続きしません。

交際中にパターンに応じてライフプランをふたりで作成しておくべきです。

バツイチ・シンママ・シンパパが結婚相手に出会う方法や再婚活方法

マリッシュで再婚活している男性と女性

上記で説明した通りマリッシュの会員はバツイチ・シンママ・シンパパが多く再婚を望んでいるので、恋人が欲しいという方はとても少ないのが現状です。

再婚か恋人が欲しいのか?

恋人が欲しい、バツイチ・シンママ・シンパパが再婚したいと思うならば出会う前に相手のプロフィールを良く読んで、どちらにしたいのか?明確に決めておかなければなりません。

その理由を3つの状況から解説します。

  • 恋人はほしいが、出会いがない
  • 出会いはあるが、交際まで進まない
  • 交際はできるが、結婚まで進まない

1のように出会いがなく、出会いのきっかけを探すのでであれば、会員数が多く気軽にマッチングして出会える低料金のマッチングアプリや、合コンや自治体主催の婚活パーティなどで出会いは見つかるでしょう。

大きな問題は1の出会いはあるが、交際まで進まないや3(バツイチ・シンママ・シンパパは譲れないものを描く)の交際はできるが、結婚まで進まないことです。この2つの段階になると、恋愛や再婚活という目的が違ってくることを実感しやすくなります。

どんな相手と知り合っても恋愛目的と本気で結婚したいという考えは希望条件以前にずれが生じます。

相手との考え方の違いがあると交際しても結婚までは進むわけはありません。

事前にしっかりと確かめなければ時間と労力の無駄になります。

だからこそバツイチ・シンママ・シンパパが再婚を希望してる男性、女性は再婚活アプリマリッシュが一番のおすすめになるのです。

会員は真剣に再婚を望んでいますのであなたもライフプランをしっかりと作成して再婚活をすればきっと希望条件の相手にめぐり合うことができるでしょう。

あなたが再婚を希望しているのなら再婚活「マリッシュ」が低料金で業界1の成婚率を誇りおすすめです。
(18歳以上なら誰でも無料登録できます)

婚活・恋活・再婚活マッチング「マリッシュ(marrish)」

再婚活をするなら再婚活サイトで

何度も言いますが、再婚活サービスマリッシュは低料金で再婚活専門のサービスを提供しています。

再婚活サービスには向き、不向きがありますがと特徴は何を思い浮かべますか?

例えば

  • 好みの条件で相手を絞り込める
  • 普段の理想の人と会える
  • 自分のペースで好きな時間に探せる

などがあります。

再婚活サービスで再婚しやすい方の特徴

では、バツイチ・シンママ・シンパパが再婚活サービスに向いている人、そして再婚活サービスで再婚しやすい方の特徴は、次の3つになります。

  1. 半年~1年は真剣に婚活を続けられる
  2. 客観的に見てプロフィールを何度も見直せる
  3. 希望条件を柔軟に見直せる

マリッシュでは成婚率が35%になりますが再婚した方の期間は、出会いから半年~1年の交際を続けています。

出会いから再婚までの継続は、再婚した方の結婚した活動期間を目安にしています。交際を継続するコツは疲労しすぎないことです。交際は無理な計画を経てずに自然な流れで進めていくと疲れにくくなります。
焦らず自分のペースで進めるといいでしょう。

再婚活で学んだ知識を活かして婚活アプリマリッシュ東京で40代男女が再婚できるポイント8つを読んでみましょう。

とても参考になりますよ。

次にマッチングを高める方法について解説していきます。

客観的に見てプロフィールを見直す

再婚活サービスマリッシュでは、まず相手にみられるのがプロフィールです。

どのマッチングサイトでもそうですが、出会いがないのはプロフィールの見直しから始めます。増してやバツイチ・シンママ・シンパパがプロフィールに過去のことをしっかりと書いておかないと出会いは少なくなります。

次に重要なことがプロフィールに掲載される写真です。

女性は「自撮り」で普段の自分をアピールできますが、男性の場合はそうではありません。

おすすめなのが写真館でのプロのカメラマンによる撮影です。同じ洋服だけではなく洋服を取り替えてポーズも変え2枚程度はなく最低でも4枚以上の写真が必要です。

女性も、多少の化粧もおすすめします。過度の修正は禁物です。

婚活スタート、希望の相手とマッチングするには?

上記でも解説しましたが、プロフィールには、しっかりとこだわりを持つことです。

写真や自己照会文の修整も必要です。明確に「私はこういう人です」と伝わるようにしましょう。

それからマッチングを進んでいき、相性が合えば出会いから交際に進みます。

相手と交際・結婚するために大切なな3つのポイントをご紹介します。

マッチングしたいなら写真にこだわりを持つ

再婚活サービスマリッシュでもプロフィールの項目の1つ1つが重要ですが、中でも写真は、上記でも解説した通りマッチングに関わる大きな要素です。プロフィールの項目の漏れがあると出会いの機会は確実に減ります。

マリッシュに掲載する写真は、あなたの人柄を伝える材料です。美男、美女かどうかよりも、誠実さ、婚活への真剣度、そして過去の履歴を伝えるものでなければバツイチ・シンママ・シンパパに魅力を感じて「いいね!」を送ってはくれません。

具体的には下記の4つポイントをおさえた写真が相手に好印象を与えられます。

  1. 笑顔である(キメ顔や無表情はNG)
  2. 清潔感のある見た目(部屋着やボサボサの髪はNG)
  3. 明るい背景(生活感のある部屋や鏡に写る写真はNG)
  4. 顔~胸下までハッキリ写す(可能ならば子供の写真も掲載する)

写真で足りないなら文章にこだわる

写真は見直したけどマッチングしないならば、人柄が伝わるプロフィールの修正に入ります。

あなたの人柄を伝えるには文章がポイントです。マリッシュグループがあり、趣味などの合う男女が参加しています。そのグループにあなたの趣味や興味があれば参加して「いいね!」をおせばマッチング率が高まります。

中でも特に重要な自己紹介について、相手を惹きつける文章の書き方をご紹介します!

まずはごあなたの性格や趣味、興味を持つことなど、ポジティブな要素を書き出してみてください。

そこに5W1Hを加えて具体的にしていきます。

5W1HとはWho(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)を指し示す言葉です。 5W1Hを意識し文章を構成することで、伝えたい情報の主旨が明確になり、かつ過不足なく伝えることができます。

ビジネスの基本「5W1H」を意識し、相手に伝わりやすいコミュニケーションを実践しよう

実例としてマリッシュの男性会員として短い例文を作ってみました。

男性の自己紹介実例

初めまして

僕は42歳で、東京都で、IT関連関連の会社に勤務しています。

僕は、1人の子供がいます。今まで仕事を頑張りながら、家事や教育、趣味の読書なども時間が空いたときに楽しんでいます。

性格は、友達から優しく穏やかなどと言われています。

困っている人を見捨てることができないタイプで、友達に優しいと言われてきました。

優しさと体力、そして子供に対する愛情がとりえです。

きっと困ったときには守ってあげられるでしょう。

 

いかがでしょうか。アピールポイントは誰でも異なりますが、ポジティブな要素を表現すれば良い自己紹介文章が書けるはずです。

要注意な書き方

  • 「欠点があります」とネガティブに書く
  • 「お断りします」とNG条件を書く

このように男性がネガティブな自己紹介文章を書くと、どんなに写真が良く撮影され人柄が表れれても相性以前に女性の気分が悪くなり嫌われます。

交際に進める初デートの仕方とは

マリッシュでマッチングして出会い、初デートとなると男性も女性も気分が高まります。

洋服はどれにしょうか?どんな話をすれば楽しんでくれるか?など想いを巡らせます。

しかし、多くのメッセージのやりとりをしても女性は始めての対面のために不安を覚えることでしょう。

そこで女性が安心できるデートプランを提案します。

日中に会う約束をする

  • 最寄り駅や職場は詳しく聞かず、相手に都合のいい場所を聞く
  • 1~2時間ほどのランチかお茶にする(昼間に会うのがベスト)
  • 人通りの多い場所で待ち合わせる(事前にライン交換などをしておく)
  • 2回目以降は子供に引き合わせても良い

提案した3つでも、女性が不安そうであれば、何を気にしているかを事前にラインで直聞いてみてのもひとつの方法です。

また、男女問わず、本当に会えるのかな、と不安もあるでしょう。

だからこそ事前にライン交換をして初デートの前日にメールを送り、待ち合わせ場所の再確認や易しい言葉を送ってあげましょう。

このような気遣いをすれば男性、女性共安心して初デートに来てくれるはずです。

私がマリッシュを使った感想

感想を一言で表すならば、「楽しい!」の一言です。

なぜならば、再婚を目指している私の再婚活を積極的にバックアップしてくれる機能が豊富で、同じ再婚を希望している多くの女性を選べるからです。

マッチングは、バツイチのシンママが一週間に2人ほどでした。これは写真、自己紹介文の見直しからきているものです。

マッチングした女性から希望する条件に合う女性を選ぶのが、とても難しいものです。

女性には大変失礼ですが、再婚するのですから真剣に選ぶのが当然です。

3ヶ月ほどで5人の女性と会いましたが、交際はしていません。

その後一人の上品な3つ年下のバツイチのシンママ女性とマッチングして交際を続けています。

お互いの子供同士は仲良くしているので、それは安心できています。

住まいは、少し離れていますが、とても価値観の合う女性です。

マリッシュは、再婚専門のアプリですから、私のような離婚暦のある男性でも再婚を望んでいる女性と出会う確立は、とても多いのが現状だと思っています。

再婚率35%、という数字には納得できました。

現在マリッシュに4ヶ月間会員として登録していますが、そろそろ成婚退会する時期になりそうです。

最後に

以上、マリッシュでの再婚活方法をお伝えしました。

如何だったでしょう?

マリッシュは再婚目的で運営され35%との再婚率があるのですから、真剣にライフスタイルを作成してそれの従って進んでいけばバツイチ・シンママ・シンパパでも再婚ができるはずです。

あなたの幸せを心から願っています。

あなたが再婚を希望しているのなら再婚活アプリマリッシュが業界1の成婚率を誇りおすすめです。
(18歳以上なら誰でも無料登録できます)

婚活・恋活・再婚活マッチング「マリッシュ(marrish)」


ライターの紹介
株式会社千代田ラボのWEBライター「片瀬麻由」が執筆しています。

成城学園、慶應義塾大学を卒業後、コンテンツマーケティング会社に所属し、雑誌や広告のコピーライティングを3年経験。
全国で販売されるガイドブック、情報誌、旅行雑誌などで、主に料理レシピや観光スポットの記事を多く書き、執筆、校正まで手掛けておりました。
ワードプレスを利用した個人ブログを運営、大手WEBメディアにも寄稿も行っております。
誰が読んでもさらっと理解しやすいよう、可能な限り専門用語を使わず、わかりやすい語句を使うよう心がけています。