恋人に振られてしまって、その彼との関係を復縁したいという女性は多い。

「復縁」をキーワードに何とか解決策はないものかと探しまわり、ついにこの記事にたどり着いた人もいるだろう。

しかし、その強いエネルギー、衝動、欲望こそが恋愛関係をさらに壊す力になってしまっているかもしれないのだ。

基本的に、いったん振られてしまったら、再び付き合うことは、ほとんど不可能である。

新しい人を見つけ、同じ過ちをくり返さないことを勧める。

だが、新しい人を見つけろと言われても、そんなことはできないと思う女性は多いだろう。

彼女達の頭の中には「恋愛回路」ができあがり、彼のことしか考えられなくなっているからである。

では復縁は無理なのかといえば、もちろん可能性はゼロではない。

実際に復縁する人は多々あるのだ。

そこで、ここでは復縁の可能性を高める方法について話していきたい。

この記事のすべての知識をふまえて行動することで、復縁の可能性は高まるはずだ。

復縁を成功させる3つの絶対条件

彼が欲しい

復縁のために気をつけるべきこととして、共通することを挙げるなら、次の3つだ。

1、決して感情的な行動をしてはいけない

恋愛中に女性が自分を変化させて幸せ感を引き寄せる。

2.なぜ振られたのか」を正確に理解する

別れ際に彼が言った言葉を鵜呑みにせず、どうして自分が振られたのかを正確に理解することが復縁には不可欠だ。

彼があなたを振った本当の理由を述べていないことはよくある。本当の理由がわかれば、どうすればよいかが自然に見えてくる。

3、今すぐ復縁しようとせず、長い日で見ること

今すぐ復縁しようとあせることは、状況を正確に分析することを妨げたり、感情的な言動をとってしまったりする原因となり、結果的に復縁の可能性を低くすることになると考えている。

長い日で見て行動することである。

振られたのは、彼にとって「よっぽどのこと」があったから

相手を振るということは、基本的にとても大きなエネルギーがいる。

それまで自分と生活の一部を共にしていたパートナーを手放すことになるし、どういう形であれ、相手も自分も傷つけるからだ。

それでも、彼女を振るのである。つまり、よっぽどのことが彼にあったと考えるのが妥当である。

振られた女性は、最初は混乱する。

相手にメールや電話をあびせるほどして、何が起こったのかと説明を求め、相手に謝り、相手に媚び、時には相手に対して怒り、お願いだから復縁してほしいと頼む。

友だちでもいいからとすがるのは逆効果

次にその女性がとりがちな行動は「友達でもいいから、つながっていたい」「恋人を越えた関係だから、ずっと一緒にいたい」と伝えることだろう。

多くの場合、男性はそれをも拒絶するか、「友達としてならいいけど、たぶん恋人として付き合うことはないと思う」と返す。

それでも、友達になれたのなら、何とか恋人に昇格したいと考えている女性は、いろいろな手段を使って復縁しようとする。

しかし、たいていはうまくいかず、男性の心は、どんどん冷めていく。

そしてメールなどによる連絡の頻度が減り、すべてがフェイドアウトする。

あるいは、復縁を頼み込み、いったんは復縁に成功しても、相手の心がすでに冷めているため、「都合のいい女」に成り下がるか、しばらくしてまた振られる。

やがて、相手に新しい恋人ができたり結婚したりしてしまい、その女性もついにはあきらめる。

彼とうまくいかなくなった原因から復縁の可能性を考える

彼の気持ちはどうなのか?

では次に、二人の関係がうまくいかなくなる典型的なパターンを書き出し、その、それぞれに対して、復縁するための解決策を提案することにする。

どんなことが原因でうまくいかなくなったのかによって、復縁の可能性と、復縁のしかたが異なるからだ。

たとえば、復縁(結婚)しなくてもいいと考えている男女の中には、「いずれは結婚するつもり」と答えている男女が9割前後もいることをご存知だろうか?

結婚しなくていいと考えている男女は多様な結婚の形に進んでいる、という記事では多様な復縁、そして結婚を考えているようだ。

参考になれば幸いだ。

彼にたくさんのダメ出しをした場合

「彼があまりにもだらしなくて、私って、いつの間にかお母さんみたいになっている」とぼやいている女性をよく見かける。

あなたは、かっては彼の恋人だったはずなのに、いつの間にか彼の母親になってしまったのかもしれない。

でもよく考えてほしい。

彼はあなたに母親になってくれなどと頼んでいないはずだ。

つまり、あなたが一方的に母親役を買って出ただけなのだ。

あなたは彼を立派な男にしようとしたのかもしれない。

彼があまりにだらしないので、仕方なく彼に注意して、普通になってほしかっただけかもしれない。

しかしその行為は、彼を自分の思い通りにしようというエゴでしかない。

彼にしてみれば迷惑だし、よけいなお世話だ。

あなたが親にさんざん小言を言われても、ただ、うっとうしさを感じるだけだろう。

それと同じことなのだ。

彼は今、あなたを思い出すたびに、嫌な感覚におそわれる。男性は自分を無能扱いされるのが一番辛いと言ってよいのに、結果的にあなたは彼を無能扱いし続けてしまった。

「彼女の思うような自分にならないと自分は愛されない。

彼女は僕を愛しているのではなく、僕に似た誰か別のスーパーマンを愛しているのだ」と彼は感じる。

そして、あなたと一緒にいるのが辛くなり、最後にこう思う。

「そんなにオレが嫌なら、ほかの男と付き合えよ!」と。

そして、あなたはついに振られてしまった。

沈黙の後にメールで謝罪、彼の素晴らしさを伝える

ロックオン

ではどうするか。

あなたは、二週間程度の沈黙のあと、一通のメールか手紙を出す。

そこで彼がいかに素晴らしかったか、自分がいかに間違っていたかを謝罪する。

このとき、謝罪するだけで復縁を求めてはいけない。

復縁を匂わすニュアンスすら出してはいけない。

また、自分を正当化する内容は一切盛り込んではいけない。

その手紙に対する返事は来ないかもしれないが、決して返事を求めてはいけない。

もし、すぐに優しい返事が来た場合には「ありがとう、嬉しいです」とだけ書いて、すぐに沈黙期間に入る。

その時点から相手からの連絡が来るまで、少なくとも半年は何の連絡もとらないこと。

彼にできるだけ自由を味わわせてあげるのだ。

こうして、不愉快な思い出が風化して、彼が自然にあなたを思い出すのを待つのである。

メールはあくまでも短くさわやかに

数ヵ月後ないしは半年後、彼からのメールが来たら、その数回後に二人の共通の思い出をまじえたメールを書く。

内容は別れてから二週間後に書いたような優しい雰囲気の文面にする。

さらには彼が思わず微笑むような二人だけのエピソードも書く。

長いメールではいけない。重くない、さわやかなものである必要がある。

それに対する彼からの返事が来ても、彼からのメールの頻度より自分からするメールの頻度が高くならないように注意する。

彼から返事が来なければ、さらに半年間、沈黙する。

また、彼から連絡が恒常的に来るようになっても、彼が自分から会おうと言うまで、あなたから会おうと言ってはいけない。

彼が何か嬉しいことを言ってくれたら、心から感謝するメールを書く。

彼から長いメールや電話が来始めたら、それに応じて自分のテンションも上げてよい。

彼がほかの問題を抱えて距離を置きたくなったとき

抱き合う男女

多くの男性は、大きな問題に直面したとき、それ以外のことが考えられなくなることがある。

そのとき、彼は一人で問題を解決したいと思い、あなたと距離を置きたいと思う。

男性は自分の力で問題を解決したがるものなのだ。

しかし、女性がそれを不安に感じ、感情的な行動をとると、男性が離れていく場合がある。自分を理解できない彼女の気持ちを、彼は理解できない。

彼のテンションが高まるまで放っておいてあげる

この場合は、すぐに短い謝罪のメールを書く。

「あなたが問題を抱えて悩んでいるときに、私は自分のことしか考えられなかった。本当にごめんなさい。これからはあなたに何があっても、どんな関係でも、いつもあなたを見守っていたいと思っています」

そう書いて、二ヵ月間の沈黙に入る。

これは言葉と行動を一致させるためである。

そして、二ヵ月たったら、自分の日常の何でもないエピソードを短く書いたメールを送る。

そのときに相手にあれからどうなったとか、もう問題は解決した?といったことを聞いてはいけない。

ただ、自分のことを書く。

そして彼が気まぐれに、あなたにメールしてきても、すぐに返事を出してはいけない。

彼が送ってきたメールの長さと同程度の文字数で、一日以上、時間を置いてから返信する。

彼から返事が来ても、すぐに返信せず、時間を置く。

彼からのメールが来なくなれば、こちらからもメールをしない。

彼を放っておいてあげることが大切なのだ。

彼のテンションが高まるまで辛抱強く待つこと。

三ヵ月あるいは半年かかるかもしれない。

彼から頻繁にメールが来るようになったら、復縁は近い。

このケースで注意しなければならないのは、男は口先だけで「問題を抱えていたの一人になりたかった」と言う場合があることだ。

あなたはこれが本当の理由かどうか見極めないとならない。

彼に強く結婚を迫ったり、責任をとるべきだと責めた場合

これはイソップ童話の「北風と太陽」にたとえられる。

北風のように強い風を吹きつけたら、彼は服を着込んでしまう。

そうではなく、太陽のように彼を温かな気持ちにし、彼が結婚したいと思うように仕向けなくてはならなかったのだ。

このパターンの復縁は特に難しい。

彼はあなたを思い出すたびに、強い責任を感じてしまうからだ。

本当に大好きな女性に対してでさえも、男性にとって結婚という選択には覚悟がいる。

二十代後半以降の女性がモテなくなり、別れたときの復縁が特に難しくなるのは、これが強く影響している。

このような場合は、彼をあきらめることを勧める。

復縁は、ほぼ不可能だ。

彼を忘れ、新しい男性を探したほうがよっぽどよい。

新しい男性は、あなたの魅力だけに惹きつけられる。

しかし、別れを決意した彼は、あなたのよい面と悪い面を天枠にかけ、結婚はできないと感じてあなたと別れたのだ。

彼は、せっかくあなたと別れて自由になったのに、また同じ天杵にかけるだろうか。

結婚を恋愛の一つのゴールとするなら、あなたには、もう時間がないだろう。

復縁へのプロセスは、あなたにとって貴重な時間を多く費やす上に、成功の可能性も極めて低い。

あなたとの結婚を一度は拒絶した彼に、再び結婚させたいと思わせるのだから。

半年ほど沈黙し、プレッシャーを軽くする

好きでもない女性を前にして責任などとれるはずもない。

だから、彼はあなたと別れたのだ。

というよりも、彼の心境としては、はじめから付き合ってなどいなかったと言える。

したがってこの場合は、復縁というよりも一から彼を手に入れなければならないと考えるべきであろう。

さて、この状況で彼を手に入れるには、あなたが彼にとって、これまでどれだけ貴重な存在だったかが重要となる。

あなたは誰にも負けないほど美しいのか?優しいのか?彼は女性がほとんどいない環境にいるのか?彼はモテないのか?そういった市場原理が働く。

方法としては、まず距離を置く。そして一ヵ月沈黙する。そうすることによって、彼にとってあなたがどれだけ貴重かがわかる。

1カ月以内に彼からメールが来た場合

あなたは彼にとって貴重な存在であるかもしれないが、ここからの努力は難しい。

彼に付き合ってほしいと言っても彼は断るだろうからだ。

そこで、努力の一つの方法を教える。

この方法は、あなたに苦しみを強いる可能性があるので、あまりお勧めはできない。

しかし、最後までやりきったら、確かに大きな効果がある。

まずあなたは、半年をかけて彼に尽くしながら、彼にとって完全に都合のよい関係を作るのである。

彼に新しい恋人ができるかもしれない、彼が一人になりたがるかもしれない。

そのとき、彼が求める距離を満たしてあげる。彼が体の関係を持ちたがれば持ってもかまわない。

だが、彼には何も望まない。

彼がどんなにひどいことをしても耐える。

同時に、優しさでも、美しさでも、面白さでも何でもよいので、あなたの魅力を彼に植えつける。

体の関係を持っているときも、彼を楽しませる。

つまり、あなたは彼にとって貴重な存在になる必要があるのだ。

そして、彼にとって本当に都合のよい存在として半年間ふるまった後、彼があなたに執着したと感じたタイミングで、完全に彼のもとを去るふりをする。

これは本当に効く。

彼は「オレは、本当に大切なものに気づいた。そしてそれを失ってしまった」と感じ、あなたを取り戻そうとするだろう。

セカンドラバーだった女性が彼を射とめたという話を聞くときは、この方法を無意識に実行していた場合が多い。

この方法を実行している半年間はとても辛いし、不安だろう。

それに耐える覚悟がなければ、この方法はやってはいけない。

中途半端にやれば、ただの都合のいい女で終わる。

そして何度も言うが、この方法はあまりお勧めはできない。

普通の女性には難しいだろう。

この場合は、正式に付き合うまで体の関係を持ってはいけない。

彼と距離を置き、1カ月沈黙してもメールが来ない場合

彼にメールを送る彼女

この場合、復縁の可能性は、さらに低くなる。

ただ、このまま沈黙をし続ければ、半年程度たったときに、ふと彼があなたを思い出し、メールをくれるかもしれない。

そのときがチャンスだと言える。

体の関係が複数回あったにもかかわらず、突然連絡を断った場合、相手から連絡が一度も来ないままで終わるケースはまれである。

一カ月から半年の間に、必ず一度は連絡をしてくるものだ。

それでも連絡をとってこなかったら、それは彼にとってあなたが本当にうっとうしかった場合で、通常は考えにくい。

注意すべき点は、突然連絡を絶つということだ。

もし別れ際に、あなたが「二度とあなたとは会わないでしょう」「私のことは忘れてください」などと関係を断ち切るような発言をしたとしたら、彼は当然、連絡をとりづらくなる。

もともとそれほど好きではないのに、そんな強い言葉を言われたら、無理にでも忘れようとするかもしれない。

もし別れ際にそのような言葉を発してしまったのなら、最後に連絡をとってから二ヵ月程度時間を置いて彼に何気ないメールをする。

相手から連絡があったら、友達という雰囲気から少しずつ相手の心に入っていこう。

なお、この場合もきちんと付き合うまでは体の関係を持ってはいけない。

その長い沈黙に耐えられない場合は、さらに復縁の確率は落ちるが、数ヵ月に一通程度の頻度でメールを出し、彼が弱って寂しくなる時期にさしかかるのを待つ。

その時期に彼の心をつかむ。

その周期は半年〜一年に一度くらいはあるだろう。

男性は、一度関係を持った女性に、ある程度の情がうつっていて、自分が弱っているときに、そうした女性に優しくされると恋に落ちる場合がある。

それまでの間にあなたの魅力を上手に伝えておくことだ。

きちんと付き合っていて、尽くしすぎた後に振られた場合

復縁したい女性

この場合は、なぜ別れたかをもっと詳しく分析する必要がある。

尽くしすぎたというだけで男性が女性を振ることは少ないからだ。

確かに尽くすという行為は、男性の心のテンションを下げ、恋愛しているという感覚をマヒさせる。

しかし、それで能動的に別れるということはまずない。

複合して起きている原因を探すことである。

それによって、これからどう行動をとるべきかが変わる。

たとえば、あなたは彼に尽くすと同時に、結婚へのプレッシャーをかけすぎたのかもしれない。

この場合、言葉だけでなく、あなたの年齢もプレッシャーとなるだろう。

ずっと彼と同棲をしていて、あなたが三十歳を越えたとしよう。

そのときに、彼はあなたから結婚へのプレッシャーを強く感じたかもしれない。

そして、同棲して尽くされていることで、あなたへのときめきは、すでに彼から失われている。

彼の目の前には退屈で、窮屈な日常があるだけだ。

そして、結婚へのプレッシャー。

「結婚したら、これがずっと続くのだ」と、彼は心の底から憂うつになる。

モラトリアムも、ここが限界だろう。

今を逃すと僕は彼女と結婚しなくてはいけなくなる。

彼女を好きでもない僕が結婚したら、彼女は不幸になるし、本音を言えば、僕だって早く自由になって、本当に好きな人を見つけて結婚したい。

彼女が若いうちに別れて、結婚へのチャンスをあげたほうがお互いのためだ。

タイムリミットは今しかない。

そして別れた。

その場合のあなたは「彼に強く結婚を迫ったり、責任をとるべきだと責めた場合」の復縁方法をとる必要がある。

彼の目の前に新しい女性が現われたり、彼に近づく女性がいた場合

前述したいくつかの原因に加え、彼の目の前に新しい女性が現われたり、彼に近づく女性がいたとき、「別れ」の引き金は、より早く引かれるかもしれない。

とにかく今は何をしてもムダである。

彼にとってあなたは新しい恋を邪魔する存在でしかないからだ。

しかし、すべての恋愛関係は無常であるので、彼が新しい恋人を作ったとしても、すぐに別れるかもしれない。

男性は目新しい女性に興味を持つように作られているが、その新しい女性が魅力的だとは限らないからだ。

彼は新しく付き合った女性にやがて疲れ、あなたを思い出すかもしれない。

その機会を待つ。

一年間沈黙をした後、彼の誕生日や、クリスマス、バレンタインデーなどに、短いメールを送り、チャンスを待つ。

あるいは数ヵ月たった後、ふと何となくメールを送る。

そのようなことが復縁のきっかけとなるかもしれない。

一年以上の時間を要するかもしれないが、復縁は、常にそのくらいのスパンを念頭に置かなくてはうまくいかない場合が多い。

もちろん、彼の新しい恋人があなたより男心を知っていて彼にとって魅力的なら、復縁は難しい。

まとめ

彼の気持ちを取り戻すには″地道な努力″が不可欠

前述のいずれの場合も、彼の誕生日には短いお祝いのメールを書いていい。

誕生日は特別な日であり、その日に受け取るメールに男性は無償の愛を感じるからである。

それは、クリスマス、バレンタインデーにも応用できるだろう。

ただし、彼に振られてさんざんあなたがすがった直後はお勧めしない。

「まだオレに未練があるんだな」と彼に思われる可能性があるからだ。

あなたの送ったメールに返事が来なくても、がっかりしないこと。

そして、自分の誕生日や二人の記念日には何も求めてはいけない。

記念日や、あなたの誕生日は、あなたにとって重要なだけで、彼はあなたのエゴしか感じないかもしれないからだ。

また、あなたの誕生日が彼の誕生日に近い場合も、「誕生日に連絡が欲しいんだな」と彼に思われてしまうため、彼の誕生日には何も送るべきではない。

数ヵ月の間に記念日が重なる場合は、どちらかだけにすること。

長い日で見て少しずつ地道に努力することが復縁には重要である。


ライターの紹介
株式会社千代田ラボのWEBライター「片瀬麻由」が執筆しています。

成城学園、慶應義塾大学を卒業後、コンテンツマーケティング会社に所属し、雑誌や広告のコピーライティングを3年経験。
全国で販売されるガイドブック、情報誌、旅行雑誌などで、主に料理レシピや観光スポットの記事を多く書き、執筆、校正まで手掛けておりました。
ワードプレスを利用した個人ブログを運営、大手WEBメディアにも寄稿も行っております。
誰が読んでもさらっと理解しやすいよう、可能な限り専門用語を使わず、わかりやすい語句を使うよう心がけています。