東京という大都心で、出会いがないということは不思議なことですね?

普段と違ったささいな行動をすることで、出会いは多いにあるのです。

この記事では、アンケート調査結果を参考に、出会いがない人の理由や解決策を掲載しました。

リクルートブライダル総研調べの「恋愛・結婚調査2019」では、30代前半女性~40代後半男性にアンケートを行っています。

その結果、30%近くが出会いがあると答えていることが分かりました!

30 代女性と40代男性の出会いの確立
リクルートブライダル総研
https://souken.zexy.net/

出会いに焦るなら「30代40代の出会いが広がる社会人サークル東京」

社会人サークル プレイスは、イベントを毎週開催し、年間4000名以上の会員の方が参加しています。

出会いがなくて焦る30代前半~40代後半男性は、多くの出会いの可能性があります。

会員費や年会費は必要ありませんが、イベント当日の参加費がかかります。

1、交流会の開催日を確認する

交流会に参加するためには、事前に場所と日程を確認してください。

サイト内に交流会の詳細が掲載されていますのでチェックしてください。

2、フォームに必要事項を記入し送信

選んだ交流会に参加する場合は、「お申込フォーム」へ必要事項を記入し送信します。

送信後に担当スタッフから開催されるお店の住所などの詳細が返信されます。

キャンセルは、開催日に近くなるにつれてキャンセル料金が増していきます。

3.スタッフより詳細メールを受け取る

イベント開催日は担当スタッフからのメール内容の支持とおりにお店にお越しください。

ただし、開催10分前には到着するよう心がけてください。

これも出会いのマナーになります。

担当スタッフが年代別に席を用意しています。

なお、致し方ない用事がある場合は中途退場も可能です。

イベント開催日以外での出会いはあるのか?

基本的に、イベント開催日に1度は参加しないと出会いはありません。

が、1度の開催日に複数の異性と名詞交換、またはラインのIDを伝えると出会いから友達、そして婚活に発展する可能性は大きくまります。

また、イベント開催に参加した経験から、あなたが勤務している会社の異性との会話もはずんできます。

もちろん、プライベートでのお付き合いもできる可能性が多いにあります。

ぜひ、多くの異性と交流を重ねてください。

30代前半女性~40代後半男性の出会いメリット4つ

出会って仲良くなった30代女性と40代男性
あなたも出会えます

 

独身をつらねてきた30代女性、そして40代男性は、仕事にまいしんして自分に磨きをかけ、収入も安定しています。

この先の将来を想像すると、やはり結婚が最終目的にですが、その前に出会いがあることが前提となります。

それでは、出会いのメリットを4つご紹介します。

1.日常を変えることができる

出会いは突然現れます。

「最近、出会いがなかったら、行動範囲が広がったり、新しい出会いが少ないな」といったちょっとしたことでも良いでしょう。

ちょっとした変化から新しい何かを発見して、うまく事が運ばないという場合も、最初はまだ慣れていないだけです。

起きる時刻に身支度の順番、仕事の休憩の取り方や帰宅後の過ごし方など、あなたが何年も続けている日常の行動パターンは、きっと効率が良く、安定した生活を送るためには必要なことなのかもしれません。

日常生活を見直すことで出会いのチャンスがやってくるかもしれません。

しかし、その定着してみましょう。

慣れないことをしてしまった行動パターンに戻してしまわずに、少しずつ何かを変えてみることが大切です。

小さな変化をコツコツ積み重ねていくことで、出会いは、新しい趣味が見つかったり、今までとは違うことが起きるはずです。

すぐにそれまでの行動パターンの中。こうした日常生活はパターン化されやすいものです。

2.短い時間で自分をアピールできる

至って平凡だが、自分の個性が出過ぎてしまうのが仕草や態度が変わってきます。

また、見た目とともに姿勢や笑顔などちょっとしたしぐさや態度です。

例えば、無地の爽やかな色合わせでのコーディネートや、ジャケットやシャツはヨレのないジャストサイズのものを持っていてもイベント当日に着なければ異性の仕草や態度も大きく印象に変わります。

常に笑顔でいることも「好感がもてる」というアピールにもなります。

また、社会人サークルでもマイナスな印象には自慢できるところなんてありません。

と、思っているばかりいると人の内面や人間性が表れない場合がありますし、好みで印象が残ります。

40代の異性選びは、安定感のある品の良いイメージを与えなければなりません。

どんな異性も表現の仕方次第で、正直で親しみやすい自分をアピールすることで相手の印象が良くなります。

3.日常を変えることができる

日常生活はパターン化されやすいものですが、ときには出会いをつなげるチャンスができます。

朝のあいさつでその人のイメージも大きく変わります。

朝から元気に活動し、魅力的な自分になり、注目を浴びます。

普段はあいさつ程度だった人からも、次第にあいさつの言葉にも心がこめられるようになるでしょう。

また、一息抜ける夜の時間は、エネルギーが必要です。

なぜならば、出会いにはそれ相当のエネルギーが必要になってくるからです。

あなたは、今までの行動パターンの中に新しい出会いはありましたか?

今の行動パターンの中に新しい出会いがなかったら、行動範囲を広がったり、自分の時間を多くすることも出会いのチャンシをつくれます。

起きる時刻に身支度の順番、仕事の休憩の取り方や帰宅後の過ごし方など、出会いが寄ってくるような魅力を持つには、あなたの魅力も半減です。

朝から元気に「おはよう!」といったちょっとしたことでも良いでしょうか。

夜には誘惑がたくさんあり、つい引き込まれて日中の疲れも取れません。

疲れを引きずったままの心と体では出会いは寄ってきません。

小さな変化をコツコツ積み重ねていくことで、行動パターンに戻して、少しずつ何かを変えてみる」「通勤経路を変えてみる」「ランチのお店を変える」など、あなたが何年も続けている日常の行動パターンは、きっと効率が良く、安定した生活を送るためには必要なことなのかもしれません。

しかし、その定着してしまった行動パターンを変えると周囲へのアピールになるはずです。

ちょっとした変化から新しい何かを変えることができ、自分自身にも自信がつき、新鮮な気持ちを持つことができます。

だからこそ、出会いが寄ってくるような心構えを作っていきましょう。

朝、しっかり目覚めることは、睡眠で十分に疲れをとって翌日に行動する準備ができてエネルギッシュに活動することができます。

4.東京だからこそのすてきな出会いができる

東京は経済・産業・文化など様々なものが集まっています。

しかし、日本の晩婚化は年々進んでおり、イベントや会場の数の多さも出会いも増えています。

中でも東京は初婚平均年齢が高く、未婚者率も高い地域です。

様々な方が利用している社会人サークルだけでは30代の独身者も増えてきていないという報告もあります。

それは、上下関係や利害関係などはなく、お見合いパーティー・出会い系イベント・街コン・オフ会・合コンなど、出会いを作る「きっかけ」が掴めずにいるようです。

東京には20代を過ぎると、職場や行く先々で出会うのはなじみの顔となって仕事や生活が安定してしまっているので、いろいろなものを求めてさまざまな方と知り合うことができるのです。

それまでの経歴や環境が全く違う人でも、「東京」という共通点で繋がることができたり、深夜まで営業するお店が多いので、さまざまな趣向をこらすことができ、今までとは全く違った世界が見えてくるかもしれません。

東京にはさまざまな面で選択肢が多くあります。

毎日たくさんの人が、東京の社会人サークルで出会いのきっかけを作っています。

地方の社会人サークルを利用してしまった生活の中では新しい出会いを求める場所に向いていないので、実際のところ「未だに出会えていません」ということです。

東京は、出身や経歴、育った環境が全く違った人が集まってくるのです。

そんな方のために新しい出会いのきっかけになる理由は、東京にはお洒落で便利な40代の独身者のプライベートを楽しみに出会うことはそう難しいことではありません。

単純に出会いを見つけることができるのです。

東京で出会いがなくても焦る人がすべき2つのこと

仲のよい男女
出会ったら焦らずにゆっくりと付き合いましょう

 

東京で出会いがないと焦ることもあるでしょう。

実は、出会いの場はとても多いのが現実ですし、「知らない」ということが出会えない大きな理由です。

増してや、たとえ出会っても不安や、これから先にお付き合いをすることに焦りを感じて二の足をふむ方もいるはずです。

東京で出会いがない30代女性と6040代男性がするべきこと2つを紹介します。

出会いの形をこだわらない

東京に住む男女に「出会いがありますか?」という質問をすると、「出会いはない」という男女が多い傾向にあります。

しかし、生活をしていれば意中の相手と偶然に会うこともしばしばあるはずです。

誰にしろ、彼女、彼氏がいない男女は、出会いの形にとらわれずに「出会いの場」をさがすことです。

出会いは単なるきっかけですし、どれだけ多くの異性と会うことがとても大事になります。

「出会いにこだわりを持つ」ことも大切ですが、今までの経験を振りかえって自分の出会いの形を考えてはいかがでしょうか。

受け身の姿勢を見直す

一時、いい出会いに恵まれ、相手との価値観が合いお付き合いができるとします。

しかし、いい出会いがあっても、自分から連絡しないなど受け身の状態が続けば、縁が切れるのは時間の問題です。

相手は「無視されているのだろう」と思い、自分だけ熱心になっているのです。

そして、嫌われ、関係が途切れ、恋愛は自然消滅をします。

あなたは、相手を好んでいるのに「なぜ、積極的に近づけないのだろう?」と自暴自棄になってしまいます。

こうした姿勢や行動が、受身の恋愛といいます。

相手を放置し続ければ、2人の関係は消滅し、あなたは後悔を感じるでしょう。

たとえば、相性も価値観もぴったりで、運命を感じますが、次のような状況があると、2人はどんな結末を迎えるでしょうか?

相手から食事に誘われることはあっても、自分から楽しませることはしない。

相手から連絡が来ることはあっても自分から連絡をしない。

このような行動は受身の姿勢です。

相手への受け身のうちは、理想の出会いがあっても生かすことはできません。

30代前半~40代後半男性の出会いがないを言い訳にしない

手を繋ぐ男性と女性
あなたも手を繋いで出かけてはいかがでしょう

 

恋人がいない理由として周囲に出会いがないと言い訳をすることもあります。

出会いがない不安を抱えたままにして、出会いがないと自ら出会いを探そうとしない人がいます。

しかし、30代前半~40代後半男性の出会いがないと考えるのは、特別に不思議なことではなく、不安を解消するには自分に何ができるかをきちんと考えてみてください。

また、自然な出会いなどにこだわりを持つことは避け、ネットでの婚活などといった新たな出会いのために努力する気持ちをもちましょう。

きっと自分らしく出会いを探す方法を見つけ出して、努力をすれば出会いのきっかけはすぐそこにあるでしょう。

普段とは違う行動をしてみるのもおすすめ

普段とは違う行動を起こしてみたり、いつも行ってるランチを変えたりちょっとした変化がすてきな出会いにつながっていきます。

誘ったことがない人と試しにご飯に行ってみるのも、大切です。

知らなかった一面を知り恋愛発展する可能性もありますし、相手に抱いてるイメージは自分の思い込みかもしれません。

現状を変えるために誘ってみましょう。

たとえ、断られたとしても言い訳をしてはいけません。

あなたは、30代以降の男女ですから。

まとめ

東京で、出会いがなくて焦る30代前半~40代後半男性の特徴や解決策を紹介してきましたが、いかがでしたか?

リクルートブライダル総研調べの「恋愛・結婚調査2019」では、30代前半女性~40代後半男性にアンケートの結果、30%近くが出会いがあるのです。

あなたも、少しの努力で出会いは成立するはずです。

ぜひ、普段と違った行動をしてみてください。


ライターの紹介
株式会社千代田ラボのWEBライター「片瀬麻由」が執筆しています。

成城学園、慶應義塾大学を卒業後、コンテンツマーケティング会社に所属し、雑誌や広告のコピーライティングを3年経験。
全国で販売されるガイドブック、情報誌、旅行雑誌などで、主に料理レシピや観光スポットの記事を多く書き、執筆、校正まで手掛けておりました。
ワードプレスを利用した個人ブログを運営、大手WEBメディアにも寄稿も行っております。
誰が読んでもさらっと理解しやすいよう、可能な限り専門用語を使わず、わかりやすい語句を使うよう心がけています。